評価をしてもらう

譲り受けて終わりではない

例えば両親の遺してくれた土地を相続するとします。今後税制改正により基礎控除額も少なくなり相続税が発生するかもしれません。 相続する土地の中に空き家があった場合はその対策も必要になるでしょう。今までは更地にするよりは廃屋同然でも家という形態をなんとか保っていれば税金は安くてすみました。しかし空き家でのトラブルが増加傾向の昨今行政の見方も厳しくなってきています。 このように相続にかかわる税制などは細かなルール改正がたびたびおこなわれますので、日ごろから気を付けておかねばなりません。 又相続まではなんとか円満にできても土地の場合はその管理運用次第ではマイナスになったり手放さざるを得ない結末を迎えることさえ起こりうるのです。 しかし一方では土地を活用して次世代により大きな財産を残すことさえ可能なのです。

今ある土地を評価してもらう

相続することが予想される土地について評価額や名義や抵当権などについてきちんと把握することからはじめなくてはなりません。 その土地が都心なのか地方の農地なのかによっても相談する先がまるで違ってきます。 都心に土地建物があった場合は売却するのか貸すのか移り住むのか。名義変更した後も不動産会社との付き合いは当分続きます。売却しない限り毎年の固定資産税が発生します。都心であればその金額も相当なものになります。人に貸すなら家賃収入が発生するので確定申告も必要になります。 もし相続に農地があった場合は勝手に売却したり家を建てたりするこもできません。一定の条件を満たさない限り自分名義の土地であってもです。 煩雑なことばかりを並べてきましたので溜息が聞こえてきそうですが都心の土地であれ農地であれ貸すなりすることで有効活用ができ次世代に引き渡すまでの間に財産を築くことも可能です。 そのためには何をいつどうするのがいいのか専門家のアドバイスに耳を傾けることが必要です。今はインターネットで検索すれば相続に関する業者のサイトがいくつもヒットします。調べるなら早いに越したことはありません。