サービス内容

離婚を行う際には、両者に精神的なダメージを与えてしまうことがあります。最小げにダメージを抑えたいときには、弁護士に依頼を行うことが必要になります。全ての問題を解決してもらうことが出来ます。

膨大な手続き

会社経営を行う際には、日々流れる資金の流れを適切に記録として残しておかなければなりません。処理が膨大になり自身で行うことが出来ない場合には、税理士に依頼を行ってみましょう。

評価をしてもらう

相続を行う際には、残された遺産にどれくらいの価値があるのか評価してもらうことが必要になります。専門家に評価を依頼し、適正額を決めることが必要になるのです。その際の注意点を知りましょう。

設立費用を知る

NPO法人設立にかかる費用

NPO法人は、日本語では特定非営利団体と呼ばれるものです。NPO法人設立をするメリットとしては、非営利を目的とした法人格を取得することができるというものがあります。これにより個人の任意団体と異なり、一定の社会的な信用性を得ることができます。しかしNPO法人設立は無料で行えるわけではなく設立にはそれなりの費用が掛かります。NPO法人設立では、行政からの審査を受ける必要があります。この場合にはNPO法人の活動内容などの書類を提出する必要があり、ページ数としてはA4用紙で30枚から40枚にも及ぶものが必要です。また審査には4ヶ月ほど掛かると言われています。一方で費用としてはNPO法人設立に関わっている人間の住民票や法人印および印鑑証明、登記簿謄本費用、法人名義での銀行口座開設のための費用などが掛かります。自力で行えば1万円程度で設立することが可能ですが、行政書士などに依頼した場合には10万円以上は費用が必要になります。

NPO法人の登場の背景について

日本でNPO法人が登場したのは日本の特定非営利活動促進法が1998年12月以降のことになります。NPO法人が登場した背景には、民間の公益に資するサービスの需要が増えてきたことが大きく影響しています。通常の法人の場合には資本金を用意しなければなりませんし企業であるため利益を生み出す必要があります。そのため事業を進めていく上で、経営に不利になる事業を行いにくい環境といえます。NPO法人の場合には、営利を目的としないため比較的、自由に経営を行うことができるメリットがあります。またNPO法人にすることによって行政が団体の管理がしやすく、助成金や補助金の拠出がしやすいといったことがあり、さまざまな行政や福祉サービスを担う末端団体としての性質もあります。

弁護士にお願い

税理士以外に法律のことで頼りになるのが弁護士です。弁護士事務所の中には過払い金請求のことに詳しいところもあります。借金に苦しんでいる人、払いすぎたのではないかと疑問に思っている人がいれば弁護士に相談しましょう。早めに相談することで、過払い金請求が成功する確率が上がります。